その水道水は本当に安全?本当に体のことを考えたらウォーターサーバーの方がいい

水道水は塩素が含まれているのが特徴

水道の蛇口から流れてくる水は浄水場で殺菌消毒を行う目的で塩素が使われていますよね。塩素は微量な量になるので飲料水として飲んでも体に害を与えないと言います。しかし、長年飲み続ければ体内に塩素成分が蓄積されるのではないだろうかなど不安に感じる人も多いのです。
ウォーターサーバーに利用する水は天然水やピュアウォーターなどであり、塩素が含まれていないため、塩素による不安を感じる人にとって魅力的な製品と言えましょう。
塩素を入れるとトリハロメタンと言う物質が生成されると言います。トリハロメタンは発がん性物質であり、水を沸騰させると3倍の量に膨れ上がると言います。しかし、沸騰を15分前後続けるとトリハロメタンは消滅するとも言われているのです。

お湯を沸かすのにガスや電気が多くかかる

塩素が含まれている水を沸騰させた場合、発がん性物質出も在るトリハロメタンの量が3倍になり、15分前後沸騰を続ければ有害な物質は除去出来るわけです。しかし、ガスを使ってお湯を沸かし、更に15分間もガスで沸騰を続ける、これを毎回繰り返しているとガス代が多く掛かるなど不経済です。
ウォーターサーバーの場合は、宅配水を本体内部で高温度に加熱してくれます。ウォーターサーバーの水は塩素が含まれていない天然水やピュアウォーターなどになるので、トリハロメタンの事を気にせずにそのまま飲めます。更に、1か月間の電気代が安くなる省エネタイプなどの製品が多くなっているので、電気代が安いウォーターサーバーを選べば経済的に使えるようになります。

ウォーターサーバーの電気代は提供企業によって異なります。比較サイトで予めチェックすると自分に合ったウォーターサーバーを見つけやすいです。